デザイン・印刷・出版|はじめての熊本への出張、さて、どうなることやら。

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |

はじめての熊本への出張、さて、どうなることやら。


 業界紙の営業マンはサボり天国である。今日も霞ヶ関にほど近い新橋の一角で、昼間から仲間たちと麻雀ゲームに興じている。そんなシーンから物語は始まる。作者【谷重岳路】の『世にも甘美な雷鳴の轟き』(kindle出版 電子書籍)は、熊本での研修会の運営事務局を担当することになった若者の物語である。熊本は主人公が初めて訪れる地である。駅前からタクシーに乗ると、運転手から最近飛び降り自殺があったというビルを指差される。あまり楽しい話ではない。初めてのイベントをこれから開催しようというのに、縁起でもない話である。それでも主人公は胸をときめかせる日々を送ることになる。理由は熊本・人吉生まれの山井侑との出会いである。笑いあり、涙あり、夏の夜に世にも甘美な雷鳴が轟く。………