おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

イメージ

おすすめ情報

日本の夏の夜、日々楽しく暮らすのに欠かせないのが、渦を巻いた蚊取り線香は風流を楽しむために、欠かせないものの一つです。暮らしの手びきで、知って楽しい風物詩です。当初の蚊取り線香は棒状のものでしたが、燃焼時間が僅かなため、長時間使え効果も高まるように考案したのが、現在の渦巻き式です。渦巻き式の香取線香は右巻きと左巻きの二種類があります。長さは約75センチメートルで平均睡眠時間に合わせ約7時間燃焼を継続します。また、古くから蚊取り線香を取り付ける器具に蚊やり豚があります。なぜ、豚の形なのでしょうか。昔からヨモギの葉をいぶして蚊を追い払う蚊やり火の風習があり、その器として江戸時代に豚型が登場しました。しかし、なぜ豚なのかは不明です。また、明治の入ると蚊取り線香が登場し養豚場で土管に入れて使用したところ、煙が拡散してしまうので土管の口を小さくしたところ効果が大きいことから、蚊取り線香の吊り下げ器が豚の形になったという説があります。

知って楽しい暮らしの手びき